ベビー布団やベッドは正しく選ぶ〜赤ちゃん健やか生活〜

布団にこだわろう

賢くベビーを布団びたいのであれば、こちらのサイトが参考になります。先輩ママの意見を聞きながら、高品質のものを見抜きましょう。

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクにも使えますよ。どれにするか迷う人も多いでしょうが、そんな時はランキングサイトを活用しましょう。

赤ちゃんに必要な寝具とは

赤ちゃん

赤ちゃんは、一日の大半を寝て過ごします。寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、眠る環境を整えることはとても大切です。赤ちゃんの寝具にはベビー布団とベビーベッドがありますが、ベッドを使う場合でも布団は必要になります。一体どのようなものを揃えればいいのでしょうか。 ベビー布団は、すぐに使えるよう敷布団、掛布団、カバー類が全てセットになって販売されています。個別に購入することもできますが、何を用意したらいいのか迷った時にはセットがおすすめです。価格は大体1万円〜2万円のものが多く、オーガニック素材でできたものは高価になります。赤ちゃんの肌はとてもデリケートですので、肌触りのよい素材のものを選びましょう。

ベビー布団が必要な理由

ベビー布団は、大人用のものを小さくしているわけではありません。赤ちゃんの体は未発達なので、柔らかすぎるものだと体が沈み込み、背骨や股関節の発達を妨げてしまいます。大人のように重たい掛布団は、赤ちゃんの顔にかかると窒息してしまいます。そういう事故を防ぐため、マットは固く、掛ける物は軽く、赤ちゃんに合ったものが作られるようになったのです。また、赤ちゃんは汗っかきな上、ミルクを吐き戻したりして汚してしまう事がよくあります。そんな時、小さなサイズの布団だと気軽に洗えて便利です。 赤ちゃんはすぐに大きくなるため、専用の物を買うのはもったいないのではないかと思いがちですが、赤ちゃんの健やかな成長のためにも是非ベビー布団を活用してみてください。

生まれた赤ちゃんの水を購入する前にこちらを必見。健康体を守る為には、商品選びがとても重要になりますよ!

しっかり選ぶ

親子

赤ちゃんが専用で使用するのがベビーベッドやベビー布団ですが、幼い間しか利用することがありません。その為、現在ではベビーベッド等もレンタルで利用することができるようになっています。

清潔に利用する

ベビー

大人の肌より敏感でデリケートなのが赤ちゃんの肌です。その為、新生児がいる家庭では洗濯にも気を遣う必要があるのです。洗濯する時の柔軟剤や洗濯用洗剤は成分にこだわって選ぶことが大切です。

市販でも販売されている

男の子

ベビー用の布団は、昔に比べても機能的なものが多く誕生しています。ベビー用の布団は、柔らかすぎるものよりかは、しっかりと体を支えられる位固さのあるものが良いと言われています。